,

しなやかな身体をつくるエクササイズ『バーオソル』
(5月11日)

日時:5月11日(木)18h30〜19h30
会場:在仏日本人会

定員:4名 (2名より実施)
講師:石原絹恵先生
受講資格:日本人会会員
参加費:18ユーロ
問合せ・予約:Tel. 0147233358
(動きやすい服装/靴下持参)

*Barre au sol (バーオソル)とは 『床の上のバレエレッスン』を意味し、バレエ教師ボリス・クニアセフ氏によって1953年に考案されたメソッドです。
床に寝たり座った状態でバレエの基本の動きを行えるよう作られました。

体が安定した状態で行うので初心者の方でもエクササイズがしやすく、柔軟性を高めたり腹筋や背筋などを身体の内側から効率よく鍛えることができます。

バレエダンサーのようなしなやかな身体をつくるメソッドとして、バレエダンサーから一般の方々にまで幅広く人気があり多くの方に実践されています。

<講師プロフィール>
6歳よりバレエを始める。
小倉佐知子バレエスタジオにて小倉佐知子に師事
AMスチューデンツ21期生、牧阿佐美に師事
牧阿佐美バレヱ団入団、バレエ団公演に出演
牧阿佐美バレヱ団退団後、活動拠点をフランスに移す。
Conservatoire de ToursにてElisabeth Chaffaud, Rémy Bourgeoisに師事。
Fanny Gaida演出・振り付け『ドン・キホーテ』にて主役ドルシネアに指名され務める。
パリに拠点を移しバーオソルをJulie Schepens, Cathy Laymet, Jaqueline Fynnaertに 師事。
ダンサーとして活動しつつ講師として、バーオソルの指導などにもあたっている。