反核世界社会フォーラムと崎山比早子さん講演会のお知らせ

次号のOvniに紹介記事が載りますが、11月2日~4日にパリで「反核世界社会フォーラム」開かれます。2001年にポルト・アレグレで始まった「世界社会フォーラム」の核・原子力問題版で、世界15か国から数十の市民団体が集まり、さまざまなテーマで討論とドキュメンタリー映画上映などが行なわれます。日本からは福島第一の収束作業で働いた人や、「3.11甲状腺がん子ども基金」代表理事の崎山比早子さん(医学博士、高木学校メンバー、元国会福島原発事故調査委員会委員)など、何人かが来仏して参加します。

・11月2日(木)9h45-12h 全体会で菅直人ビデオメッセージ、崎山比早子さん「福島の状況」(英語)19h15-21h30 福島事故後5日間を描いた劇映画『太陽の蓋」上映

・11月3日(金)9h45-12h 分科会:「甲状腺がんの多発と基金設立」崎山比早子さん講演(日本語逐次仏語 よそものネット・フランス)

14h-16h15 分科会:「原子力と健康」なすびさん発表 (日本語逐次仏語)

16h45-19h 全体会「証言」に池田実さん証言(日本語、仏語・英語に同時通訳)

・11月4日(土)分科会:「原発労働者」池田実さん(日本語逐次仏語)

レピュブリック広場近くのla Bourse du Travail(労働会館)3会場で行なわれるこのフォーラムには登録が必要で、下記のリンクから登録できます。(当日現場でも申し込めます:29, Bd du Temple)

お問い合わせ:たかはたゆうき youkitakahata@gmail.com 06 84 07 03 45