nihonjinkai-chanson 2

日本人会シャンソン教室(II)第16回コンサート 報告レポート

今回の私たちのコンサートはFête de la musique の前夜祭にふさわしく、楽しく、活気あふれるものとなりました。今年は本格的な劇場、STUDIO RASPAILでの公演です。音響・照明もプロが担当。赤い布張りの客席、舞台にはなんと幕まであるのです! 自ずと緊張が高まります。 プログラムは全員で歌うコーラス2曲と各自ソロ1曲。コーラスは ″Qu’est- ce qu’ on attend pour être heureux? “と ″Une belle histoire”(日本でも大流行した『ミスターサマータイム』)。今年は男性会員も増え、テノール、バスのパーツもしっかり用意されました。しかしながら私たちは全くの素人の集まり、過酷な練習が始まると、初めはアップアップでこのまま溺れてしまうのではと心配しました。それぞれのパーツ練習から、少しずつ全体のハーモニーを作り上げていきます。そこには単なる今までやってきたことのおさらい会などという生易しいものはありませんでした。無料とはいえ、足を運んでくださる観客の方に、来てよかったと思っていただけるような価値あるコンサートにするという気持がなくてはいけないと、いつも先生にはっぱをかけられました。このディディエ先生は、俳優であり、歌手、作曲家、編曲家、ピアニスト、舞台構成まで何でもできてしまうマルチタレントなのです。かつ教えるのが実にうまく、練習中も私たちを楽しませながらガンガン引っ張ってくれます。そして、コンサートの幕が開く直前、緊張でガチガチの私たちに、リラックスして思いっきり舞台を楽しもう!と勇気づけてくれたのも有難かった!出来栄えはもちろん素人の域を脱してはいません。でも、思いきり歌う私たちを見て、観客の皆さんもきっと一緒に楽しめたと自負しています。 各自のソロではみんな選曲がうまい!それぞれに選んだ歌がその人らしい味のある歌に仕上がっています。そして独りよがりでなくその人なりに自信を持って人に聞いてもらえる歌に仕上げることが大切という先生の言葉通りの出来だったと思います。ソロは度胸試しになることも確かです。   途中でタップダンスあり、コント風のやり取りあり、バックコーラスをつけた歌、ディディエ先生の歌などが、単調になりがちなソロの歌の羅列にバラエティを加え、コンサートはあっという間に最後のコーラスになっていました。今回のお客様は170名は下らなかったでしょう。口々に、面白かった、楽しかった,去年よりさらによかったとのお言葉。まだ本当に本番が終わってしまったとは思えない余韻の中、今年のコンサートは幕を閉じました。   9月からまた新しい年度が始まります。私たちのクラスは第2・第4土曜日に、16時半から大学都市(Cité Universitaire)の日本館で行っています。ひと月2回のレッスンで1曲を仕上げます。歌を歌うというのは気持ちのいいものです。さらにフランス語の発音矯正にもなりますし、なんと言ってもフランス語で歌が歌えるようになるのです。このフランスにいて、こんな機会を逃す手はありません。是非一度体験レッスンを受けてみてください。お待ちしています。

文責 木部 径子

DSC05306