第10回 KINOTAYO 現代日本映画祭

 

記念すべき10周年。フランス最大の日本映画だけの映画祭。

毎年幅広いジャンルの日本映画を上映。

コンペティションでは厳選されたフランス未公開の最新作が紹介されています。

11月24日(火)- 12月10日(木)

入場料は会場によって異なります。

上映時間は下記の公式サイトでご覧下さい。

www.kinotayo.fr/jp/index.php

*************映画祭の詳細は下段をお読みください*****************

2015年度 10回KINOTAYO現代日本映画祭

10e FESTIVAL DU CINÉMA JAPONAIS CONTEMPORAIN KINOTAYO

 

KINOTAYO映画祭はフランスで現代日本映画を普及する目的で2006年に発足された、フランス最大の日本映画祭です。第10回記念となる2015年は、11月24日〜メイン会場となるパリのゴーモン・オペラ・プルミエ、パリ日本文化会館などに加え、フランスの各地方都市でも作品を上映します。

栄えある第10回のオープニング作品は細田守監督のアニメーション映画『バケモノの子』、そしてクロージング作品は河瀬直美監督の『あん』に決定。
フランス劇場公開前の最新日本映画8本がノミネートされたコンペティション部門では、塚本晋也監督『野火』、園子温監督『リアル鬼ごっこ』、米国アカデミー賞日本代表に選出された『百円の恋』、染谷将太・前田敦子出演の『さよなら歌舞伎町』など、話題の作品をいち早くご覧頂けます。

その他、ユネスコ無形文化遺産にも登録された和食をスクリーンでお楽しみ頂ける「washoku部門」や高倉健・菅原文太の追悼上映も開催します。

また塚本晋也監督(『野火』)、武正晴監督(『百円の恋』)などのゲストが多数日本より来場。スタッフ・キャストによる上映後のQ&Aなど、フランスにいながらにして日本映画をより身近に満喫頂けます。
主なイベント :

  • 11月24日(火) ゴーモン・オペラ・プルミエ 開会式&オープニング上映
    『バケモノの子』(細田守監督)
  • 12月4日(金) ゴーモン・オペラ・プルミエ  閉会式&受賞式&クロージング上映                              『あん』(河瀬直美監督)

 

主な上映日程・会場(パリ及び近郊) :

 

  • 11月24日(火)〜12月4(金)   ゴーモン・オペラ・プルミエ(パリ)
  • 12月2日()〜12月10 ()
  パリ日本文化会館(パリ)
  • 12月2日()                 アエロヴィル(ロワシー=アン=フランス)

 

※    2015年12月〜2016年2月には引き続きイル=ド=フランス及び地方の各パートナー会場にて上映を行います。

※    ゴーモン・オペラ・プルミエ上映分はゴーモンのサイトにてインターネット予約も可能です。
http://www.cinemasgaumontpathe.com/offres/festival-kinotayo.html

 

 

【上映作品】

■オープニング作品『バケモノの子』細田守監督

■クロージング作品『あん』河瀬直美監督
■コンペティション部門

『野火』 塚本晋也監督

『さよなら歌舞伎町』 廣木隆一監督

『歯まん』 岡部哲也監督

『百円の恋』 武正晴監督

『リアル鬼ごっこ』 園子温監督

『味園ユニバース』 山下敦弘監督

『駆込み女と駆出し男』 原田眞人監督

『戦場ぬ止み』 三上智恵監督
■コンペティション外

□Washoku部門

『映画 深夜食堂』 松岡錠司監督

『タンポポ』 伊丹十三監督
□追悼上映

『仁義なき戦い<菅原文太 追悼上映>』 深作欣二監督

『鉄道員(ぽっぽや)<高倉健 追悼上映>』 降旗康男監督
□特別上映

『TOKYO TRIBE(劇場公開前プレミア)』 園子温監督

『乱 デジタル復元版』 黒澤明監督

※『A.K.ドキュメント黒澤明』 クリス・マルケル監督
※は予定。上映確定次第、ホームページ等で発表致します

 

【来場ゲスト】

塚本晋也(『野火』監督)

武正晴(『百円の恋』監督)

三上智恵(『戦場ぬ止み (いくさばぬとぅどぅみ)』監督)

岡部哲也(『歯まん』監督)

小島祐輔(『歯まん』俳優)

小川真司(『味園ユニバース』プロデューサー)

成田尚哉(『さよなら歌舞伎町』プロデューサー)

※来場ゲストは都合により変更になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

最新情報は映画祭公式サイトにてご覧頂けます。

■お客様お問い合わせ Infoline : 06 31 98 46 85