熊本生まれの乾燥野菜HOSHIKOをご紹介!

パリから熊本復興支援!

熊本生まれの乾燥野菜HOSHIKOをパリ日本人会の皆様にご紹介

 

「HOSHIKO」とは、熊本の新鮮野菜をそのまま乾燥した保存料、着色料、ブドウ糖不使用の乾燥野菜です。原料は特別栽培農産物の基準をクリアした野菜のみを使用し、安心、安全を追求する産地パートナーと共に育てているブランドです。

今年4月、ご存じの通り熊本は大地震に見舞われ、産地にも大きな被害が出ております。特に被災地の産地では未だ時が止まったようで、復興までの道のりは大変長く、不自由な生活を強いられています。しかしながら、生産者のみなさんは復興に向け、少しでも多くの方に熊本の美味しい野菜を届けたいと強く思い、農作業に取り組んでいます。そこで、今回はHOSHIKOを通して生産者の想いと美味しさを“たくさんの人に伝えたい”と思い、このような企画をいたしました。

今回、みなさんへHOSHIKOをご紹介することで、熊本への関心を高め、生産者のみなさんをもっと元気に、またHOSHIKOを通して、世界中の多くの方へ熊本野菜の美味しさをお伝えしたい・・・。

パリ初となるこの企画、HOSHIKOブランドマネージャーの冨永詩織が、熊本より参上致します。

 

パリに住んでいるとなかなか日本の野菜を手に入れるのが大変と聞きます。

例えば、餃子を作るにも、キャベツやネギは高いし、一苦労ですね。

そんなお悩みを美味しく、簡単に解決できるHOSHIKO。

様々な乾燥野菜の種類がありますが、今回はその中から、“餃子HOSHIKO”をご紹介。

水を加えて、お肉と調味料を入れれば、あっという間に簡単に美味しい餃子が出来る優れものです。今回は、餃子HOSHIKOを使った餃子をご試食いただき、また、餃子以外のレシピもご紹介致します。ぜひ、熊本復興支援にいらっしゃいませんか?

 

開催日 10月14日(金)15h30〜17h30

会 場 日本人会

参加費無料

要予約 Tél. 01 47 23 33 58

 

野彩八巻株式会社 ブランドマネージャ 冨永詩織

熊本生まれ、熊本育ち。学生時代には栄養学を専攻し、栄養士を取得。医

療機関を経て、デザインの勉強を始める。九州をベースに広告全般、プラ

ンニング業務を主に担当。27 歳で独立。飲食関係の商品開発、店舗立ち

上げ支援業務、ブランディングを行う他、 国産の野菜・果物の消費拡大

をテーマにしたNPO 法人で活動。その後、熊本へ戻り、地域農業、後継

者問題に取り組み、 2011 年、取引先である熊本の青果卸会社と共同で野

彩八巻を設立。