シャンゼリゼ大通りで銃撃

20日21時頃、パリのシャンゼリゼ大通りで2人の男が複数の警官を銃撃、警官1人が死亡、2人が重傷を負った。

銃撃犯1人はその場で射殺されたが、2人目は逃走中。

事件現場はシャンゼリゼ大通りの102番地辺りで、メトロ1号線のGeorgeVとFranklin-Rooseveltの間。

22時40分現在、シャンゼリゼ大通りは封鎖され、付近のメトロの出入り口は閉鎖されている。

(23時30分更新)仏各メディアによると、銃撃犯は乗用車でシャンゼリゼ界隈に乗りつけ、降車すると警察車両に近づき発砲を始めたという。観光客を含む市民が巻き込まれたとの情報はない。

事件後、直ちに検察当局の対テロ部門が捜査を開始した。