日本人会 秋の講演会『日仏柔道の歴史と変遷』(10月20日)

“柔道からJUDOへ — フランス柔道の発展の鍵を探る”

日時:10月20日(土)17時
会場:パリ国際大学都市日本館
   MAISON DU JAPON  
   7C Boulevard Jourdan, 75014 Paris
   RER/トラム Cité universitaire
講師:安本總一氏(仏柔道ナショナルチーム元コーチ)
入場無料。
どなたでも参加できます。予約は不要です。直接会場にお越しください。

NichiFutsuJUDO

10月のパリは奈良があっちこっち(10月15日〜27日)

日本の歴史と文化の起源「奈良」より、伝統と現代の技術を取り込んだ製品(商品)を扱う奈良の15社が出品、販売します。ラッピングペーパー、茶筌・茶道具、マスキングテープ、蚊帳ショールなど、魅力ある商品を多数取りそろえておりますので、是非お立ち寄りいただき、手にとってみてください。
開催期間:10月15日(月)~ 27日(金)
開催場所:JUNKU 18 Rue des Pyramides, 75001 Paris
          La Mouette rieuse 17bis Rue Pavée, 75004 Paris

7つの祭がパリに集結!

Grand Matsuri au Jardin d’Acclimatation

7つの祭にパリで参加しよう! 
「阿波踊り」「よさこい祭」「たちねぷた祭」「春日若宮おん祭」「信玄公祭」など日本にいても決して一度に見ることのできない名だたる7つの日本の祭りがパリで一同に会するジャポニズム2018の中でも特にダイナミックな企画です。総勢300名がこのために日本からフランスに上陸して庭内を練り歩く。。。見逃せません!!!

10月20日〜22日

Jardin d’acclimatation

詳しくは下のリンクよりご覧ください。

地方の魅力『祭りと文化』(10月17日〜27日)

詳細は、下記のサイトをご覧ください。

https://matsuri.japonismes.org

会場パリ日本文化会館> 期間:2018年10月17日(水)〜27日(土)

 Maison de la culture du Japon à Paris      101 bis Quai Branly, 75015 Paris

民俗芸能公演、伝統工芸ワークショップ、展示、講演等を集中的に行い、日本においていかに彩り豊かな地方文化が育まれているか、人々はそれらをいかに守り、活用し、継承していこうとしているのかを伝えます。

会場アクリマタシオン庭園> 期間:2018年10月20日(土)〜22日(月)

Jardin d’acclimation

Bois de Boulogne, Route de la Porte Dauphine à la Porte des Sablons, 75116 Paris

パリ市民憩いの場所、アクリマタシオン庭園で各地の祭りや踊りを披露します。庭園内では日本の味を提供する屋台や、各地の観光ブースの設置も予定されており、盛り沢山な内容となっています。

Cercle Ame du Japonとパリ地方音楽院特別コンサート

〜ジャポニズム2018〜

▪︎日時 10月20日19h00-20h15
▪︎場所 CRR de Paris(14 rue de Madrid 75008 Paris)
▪︎内容 一切衆生悉有仏性をテーマに、お琴や日舞、ピアノ連弾などを交えた公演
予約なしの無料公演ですので、ご友人やご家族揃って、是非ご来場くださいませ。お待ちしております。

 

日本人会 秋の講演会 『日仏柔道の歴史と変遷』

日本人会 秋の講演会

『日仏柔道の歴史と変遷』

“柔道からJUDOへ — フランス柔道の発展の鍵を探る”

フランスの柔道登録人口が日本のそれを凌ぐようになった理由を、日仏柔道の歴史の中で探って行きます。

日時:10月20日(土)17時

会場:パリ国際大学都市日本館

MAISON DU JAPON

7C Boulevard Jourdan, 75014 Paris

RER/トラム Cité universitaire

講師:安本總一氏(仏柔道ナショナルチーム元コーチ)

入場無料。どなたでも参加できます。予約は不要です。直接会場にお越しください。

「日本へのクリエイティブな旅展 2018」のご案内

〜ジャポニズム2018〜

本イベントは、日本へのクリエイティブな旅展実行委員会(会長:松浦晃一郎・元ユネスコ事務局長)とユネスコ日本代表部の共催のもと、福島県、埼玉県、沖縄県、関西地方の多様な文化や食を通じて地方自治体を紹介するとともに、現代の食文化の起源を探求いただけます。高品質及び地元産の象徴として国際的に認知されているGIマークをつけた日本製品も展示されます。好天に恵まれれば17日の午後(13:00〜17:00)にはユネスコ本部内の日本庭園で日本各地の良質なお茶を用いた野立ても開催される予定です。通常の展示会はどなた様でもご参加いただけますので、ご興味のある方にも周知いただければ幸いです。

展覧会
日時:10月15日(月)〜19日(金)10:00〜17:00
(但し、初日の15日は13:00から、最終日の19日は14:00まで)
会場:ユネスコ本部、セギュールホール、パ・ペルデュホール
入場:無料(要ID) ※予約不要

布袋パリ・コンサート(10月8日)

page1image1789728

[パリ公演概要]
Euro Tour 2018
日 時 2018年10月8日(月曜日)
開場時間 19:00

会場名 Le Flow
住 所 4, port des Invalides, Paris, France
電話番号  01 44 05 39 50
プロモーター Los Production
チケットリンク www.fnacspectacles.com
チケット料金 €27

[プロフィール] 1981年に一世風靡したBOØWYのギタリストとしてデビュー。 1991年にソロ活動開始し、1994年には東大寺にて行われたユネスコ主催の2003年クエンティン・タランティー ノ監督のハリウッド映画、『KILL BILL』に自身作の『GME ’94 ~21世紀への音楽遺産をめざして~ AONIYOSHI』に日本を代表するアー ティストの一人として出演、マイケル・ケイメン、ジョニ・ミッチェル、INXS、レ イ・クーパーなどと共演。それがキッカケで共演者の一人、マイケル・ケイメンからのオファーで1996年のアトランタオリンピック閉会式に出演。続いて2003年クエンティン・タランティー ノ監督のハリウッド映画、『KILL BILL』に自身作の『新・仁義なき戦いのテーマ』が『BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY』としてメインテーマに採用さ れ、海を超えて世界への一歩を大きく踏み出した。2012年8月にロンドンに拠点を移して以来、果敢に国境を超えた活動を続ける中、2016年2月には初のパリ単独公演を大盛況で収め、2017年4月には初のヨーロッパツアーも収めた。自身のツアーと並行してイタリアにおいては国宝とも称されるイタリアのアーティスト、ズッケロとギネスブックにも記載されたARENA DI VERONAでの連続公演やサンレモ音楽祭、そしてこの7月に行われた歴史的イベントであったサン・マルコ広場でのコンサートにもゲスト参加を果たす。2016年にはアーティスト活動35周年を経て日本の音楽史に数々の金字等を築き続けている。日本ではドームやアリーナ級の会場を埋め尽くし、大掛かりなショウで観客を魅了する布袋だが、ヨーロッパにおいては小さなライブハウスやクラブでの演奏活動が中心。本公演は間近で伝説のパフォーマンスを見ることができる貴重なチャンスだ。

「第四回パリ短歌クラブ賞」(8月31日まで)

[短歌募集] 
  題詠「フランス・パリ」。フランス・パリに関する短歌を一般の方々から広く募集いたします。当日、「第四回パリ短歌クラブ賞」他の受賞者を決定するとともに、後日、結果をパリ短歌クラブのブログ等にて発表いたします。
提出先http://kokucheese.com/event/index/519953/ 無料です。
締め切り8月31日(金) 
一人一首に限る。フランス、パリという言葉が含まれている必要はありません。
名前、連絡先(住所、メールアドレス)、短歌一首を記載のこと。
[問い合わせ先] 
 お問い合わせは、パリ短歌クラブ(paristankaclub@gmail.com)までメールにてご連絡ください。
 

主催:パリ短歌クラブ http://paristankaclub.blogspot.fr/ 

後援:在フランス日本国大使館、在仏日本人会、パリ日本文化会館、パリ国際大学都市日本館