日本人会の歩み

「在フランス日本人会」は、1958年(昭和33年)9月、パリに設立されました。

仏語名では、AssociationAmicale des Ressortissants Japonais en France(A.A.R.J.F)といいます。

法的には、フランス協会法(1901年7月1日法)によって設立された非営利の公益団体で、フランス政府公認の組織です。

設立目的には「滞仏日本人の相互扶助と親睦、そして国際交流を目指す」ことを掲げ、爾来、滞仏日本人先輩たちの営々とした努力により、その歴史を積み重ね、 40余年の伝統を誇る組織になりました。

今では会員総数6千余人、会員企業約150、活動種目40余……、在フランス最大の日系協会に発展してい ます。

そして、フランス滞在中・滞在予定・滞在希望の方々を対象に、滞在生活のための諸情報の提供、滞仏生活の快適化/不便・トラブルの解消…を目指してサービス活動を続けています。

詳細は 入会案内 をご参照ください。

日本人会会長 片川喜代治