広島を二度と繰り返さない

日時:2018年 8月6日(月)9:30am

場所:ローマ市内 パンテオン

主催:「地球と平和」委員会 Comitato “Terra a PACE

広島・長崎に原爆が落とされた日をイタリア人も記憶してくれていて、ローマ・パンテオン(万神殿)の前で毎年8月に追悼式が行われています。

日本人の殆どが知らないこの追悼式は、今年で22年目を迎えます。

今年の式で人類の未来を願う歌「あなたの手に」を歌う為に、日本より参加致します。

歳の女流詩人江原律さんの平和を願う詞に、被爆者である事を公言しジャーナリストとして今も活動されている89歳の山野上純夫さんが返歌を書それらの詞に作曲ました。

イタリアの方々への感謝と、今を生きる多くの人たちとの国を超えた共感未来への希望が生まれる事を祈り歌います。

イタリアにお住いの方、観光でローマを訪れている方8月6日パンテオンの前で一人でも多くの日本人の方々にお集まりいただけたらと願ってます。

習いたてのかた向けの総復習講座。レベルは初級。
7月24日 (火) 〜 27日 (金)  1日4時間 計16時間
時間:10h〜12h / 13h〜15h。
会場:在仏日本人会 9 av. Marceau 75116 Paris。
メトロ:Alma Marceau 
講師:M Laurent LOYER (当会講師)
受講料: (教材費込み) :160€ (4日分)
 
申込・問合せ:日本人会 Tel. 01 47 23 33 58
※受講は日本人会会員に限ります。(いつでも会員になれます)

[embeddoc url=”https://nihonjinkai.net/wp-content/uploads/2018/07/Paris-Kabuki.pdf” download=”all”]

6月24日 日曜日、パリ11区の会場で、日本人会片川会長の手から、フランスのテロの犠牲となった方々に手作り姫人形 <絆(lien)> が渡されました。

東日本大震災の被災者である南三陸町のご婦人方による手作り、一つ一つ違う顔を持つ、300個に及ぶ、日本とフランスの連帯を象徴する姫人形です。

日仏の橋渡しの役を務めた小笠原弘晃会員が日本からのメッセージを読み上げ、AFVT(Association française des victimes du terrorisme)のダニエル・クラン会長や会場に詰め掛けておられたテロの犠牲となった方々に、非常に喜んでいただきました。

片川会長は、出席の方々へ、結びつきを得たみなさんに協力を惜しまないとのメッセージを送っています。

 




1980年代までの大衆歌謡曲 : 古賀政男、古関裕而、吉田正等の日本の昭和の曲、レバノンの女性歌手ファイルーズのアラビア語の曲、ロルカのアンダルシアのスペイン語の曲等を在仏スペイン人フラメンコ・ギター奏者の伴奏で歌います。最後はフラメンコの踊りで締めくくり。プロ・アマ問わず飛び入り大歓迎。 6月16日土曜カラオケバー湊 (5, rue de Louvois 75002,  Metro ; 4 Septembre, Pyramides)で17時半から19時半まで。 参加費は場所レンタル代とギター奏者への謝礼5ユーロ。 飲み物代 ソフト5ユーロ、ビール6ユーロ、カクテル12ユーロ 等。
問合せ06 10 45 89 77 竹本 takemotomotoich@yahoo.fr まで。要予約。

ビッグバン直後から宇宙に存在し,現在もなお科学的に着目される「光」。その「光」に関して,身の周りの現象から最先端科学までを概観します。

日時:626日(火)17h

会場:パリ国際大学都市日本館  Maison du Japon

7c Boulevard Jourdan  75014 Paris

アクセス RER/T3a : Cité universitaire

講師:森田隆二氏(物理学者)*

入場無料(予約不要です。当日会場にお越しください)

*森田隆二(もりた りゅうじ)

1990年東京大学大学院博士課程修了(物理工学専攻)。1990-1992年Centre National d’Études des Télécommunications, France客員研究員。1992年北海道大学講師,その後,助教授を経て,2005年より現在まで北海道大学大学院教授(応用物理学部門)。2017年よりÉcole Normale Supérieure Paris-Saclay, France招聘教授。専門は光量子物理,レーザー物理。

ビッグバン直後から宇宙に存在し,現在もなお科学的に着目される「光」。その「光」に関して,身の周りの現象から最先端科学までを概観します。

日時:626日(火)17h30

会場:パリ国際大学都市日本館

   Maison du Japon7c Boulevard Jourdan  75014 Paris

アクセス RER/T3a : Cité universitaire

講師:森田隆二氏(物理学者)*

入場無料(予約不要です。当日会場にお越しください)

 

*【講師略歴】

森田隆二(もりた りゅうじ) 1990年東京大学大学院博士課程修了(物理工学専攻)。1990-1992年Centre National d’Études des Télécommunications, France客員研究員。1992年北海道大学講師,その後,助教授を経て,2005年より現在まで北海道大学大学院教授(応用物理学部門)。2017年よりÉcole Normale Supérieure Paris-Saclay, France招聘教授。専門は光量子物理,レーザー物理。

健康に興味がある方、集まりましょう!!

日本語の話せる医療従事者がみなさんの健康生活をサポートします。

いきいき健康サロンでは、セミナーと茶話会と健康計測を行います。
今回のセミナーは「フランスの医療制度」についてです。

講師は邦人健康サポートの会メンバーで、日本の准看護師またフランスで医療アシスタンス会社勤務のモット利実さんです。

セミナーの後は、お茶を飲みながら健康についてお話しましょう。
希望者は別室で健康測定いたします。(乳幼児は体重、身長、大人は血圧、脈拍など)

名称 : いきいき健康サロン
日 時: 6月19日(火)10時~12時(開場9時45分)
場 所: 笹川日仏財団(27, rue du Cherche-Midi 75006 Paris)
対 象: 乳幼児から高齢者まで
時間割: 9時45分~ 開場
     10時~11時 セミナー&質疑応答。
     テーマ「フランスの医療制度について」byモット利実さん
     11時~12時 茶話会、希望者は別室で一人ずつ健康測定
費 用: 茶話会代 5ユーロ
主 催: 邦人健康サポートの会 でこぽんクラブ 子育てサロンさりゅ

完全予約制。参加人数に限りあります。
参加希望の方は、お名前、年齢(お子様同伴の方はお子様の年齢も)、携帯番号、健康について特に心配なことや聞きたいことがあれば明記の上、 kenko-support@nihonjinkai.fr にメールにて、あるいは在仏日本人会 01 47 23 33 58 に電話にてお申し込み下さい。

日本では年間約7万人、フランスでは約4万人の方が心臓突然死でお亡くなりになっています。
CPR
AEDを行なっていれば、救えた命が少なからずあります。
そこで心臓突然死について、そしてCPRAEDの説明と実地講習を開催したいと思います。

日時:614日(木)18h19h30
会場:日本人会
参加人数:15名
講師: 石井 (PADICPREFR インストラクター)
参加資格:日本人会会員
参加費:2ユーロ(人工呼吸時の感染防止用シート代)

参考ビデオ・ニュース
https://www.youtube.com/watch?v=g27OCXp0MRs
https://www.youtube.com/watch?v=Eo_kx_ZyRik
https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/281591.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180418/k10011408781000.html

問合せ・予約: 在仏日本人会 Tel. 0147233358
受講は日本人会会員に限ります。(いつでも会員になれます)

日本人会々員対象

在仏日本商工会議所主催

・日時:6月8日(金)

16:00~17:30 講演会(質疑応答を含む)17:30~19:00

カクテル(参加者との懇談会)

・場所:Hôtel Napoléon       40 avenue de Friedland 75008 Paris

・講演名:フランスから学ぶ生涯女性現役、生涯男性現役男女の特性を理解し、互いに美しく歳を重ねるヒント(習慣と美容医療)

・講演者:岩本 麻奈 氏*皮膚科専門医、一般社団法人・日本コスメティック協会・名誉理事長

 

【日本人会々員の方々が申し込めます。申し込みには、下記のを2点明記して日本商工会議所へ連絡する必要があります。】

1)会員名(会社名) 『在仏日本人会』としてください。

2)氏名

6月5日(火)午前中まで、日本商工会議所(Fax: 01 45 61 08 62 / E-mail:secretariat@ccijf.asso.fr)にお申し込みください。

*岩本麻奈氏 ご略歴:1964年、東京生まれ。東京女子医大卒。慶応大学医学部皮膚科教室での研修、市中病院勤務後、1997年にフランスへ。大学病院などで、レーザー治療をはじめ美容皮膚科学、抗老化医学などを研修。同時に、アロマテラピー・フィトテラピー等自然療法・予防医学を学ぶ。20年に渡る日仏の往復生活をベースに、美と健康とライフスタイルに関する情報を収集し、独自の視点を交えて発信。現在は、フランス、日本、アセアンを行き来しながら、美容から文化まで広い観点で執筆活動を継続中。近著は、「フランスの教育・子育てから学ぶ、人生に消しゴムを使わない生き方」(日本経済新聞出版社)、「結婚という呪いから逃れられる生き方」(ワニブックス)など、著作多数。