岩永善信10弦ギターコンサート 2019年4月12日 20時30分開演

料金と予約先
Tarif : 12 € / 10 €
Réservation : Tél : 01 44 76 06 06 / resa@tenri-paris.com

会場
Espace culturel Bertin Poirée エスパスベルタン ポワレ
8-12 rue Bertin Poirée, 75001 Paris

地下鉄駅 M° Châtelet / Pont Neuf

 

パリ・エコール・ノルマル音楽院演奏家クラスを首席卒業。第1回日本ギターコンクール第1位入賞、第3回イタリア・ガルニアーノ国際ギターコンクール第1位入賞、など数々の賞を受賞。 その後、ベルギーを拠点にヨーロッパで演奏活動を展開、高い評価を得る。

2000年以降演奏活動の拠点を日本におき、国内でのコンサートに加え、ヨーロッパ、北アフリカ、アメリカ、カナダ、及び、アジア各地で意欲的に演奏活動を行っている。

2012年、日本アジアギター教育協会の会長に就任し、アジアにおけるギター教育の発展に努める。20189月にはカナダでのコンサートを成功裏に終え、今後、さらなる発展が期待されている。

10弦ギターを駆使して繊細かつ鮮烈な音楽を紡ぎだす岩永のコンサート、今回はフランスの作曲家サンサーンス「動物の謝肉祭」と日本の作曲家藤井敬吾の「羽衣伝説」が必聴です。是非、この機会にお聴きください!!

 

プログラム

1.J. パッヘルベル           シャコンヌ

2.F. グラニアーニ           序曲Op.15

3.J.S バッハ                パルティータ第一番BWV825 より

サラバンド・ドゥーブル

ブーレ・ドゥーブル

4.D.スカルラッティ           ソナタイ長調K.474

ソナタニ長調K.491

. C.W. グルック             歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より

オルフェオの嘆き

精霊の踊り

. C. サン=サーンス           組曲 動物の謝肉祭より

1.ライオンの行進曲

2.亀

3.象

4.めんどり と おんどり

5.白鳥

7.藤井敬吾                      羽衣伝説

~天界にそよぐやさしい風

~追憶(主題)

~遠くからの声

~踊り

~復活への飛行

 

iwa

3月16日(土)20h30〜 岡崎順子ピアノリサイタル

Junko Okazaki

Musiques silencieuses

 

プログラム

  • FAURÉ : Thème et Variations opus 73, 3 Nocturnes opus 74, 104-n°1 et 119
  • RAVEL : Le Tombeau de Couperin

 

日時 : 3月16日(土)20h30〜

会場 : Salle Gaveau
45-47, rue de La Boétie 75008 PARIS

時間 : 20h30

チケットのご予約はSalle Gaveauサイトから

 

演奏  https://youtu.be/szIn9c6eCB4

岡崎順子公式サイト https://www.okazakijunko.com

flyer gaveau junko 16 mars 2019

 

コンサート、金子陽子(会員)主宰 「バッハと20世紀の音楽、金子陽子とパリ音楽院のソリスト達」4月7日(日)17時、パリ16区オタイユプロテスタント教会

コンサート、金子陽子(会員)主宰 「バッハと20世紀の音楽、金子陽子とパリ音楽院のソリスト達」4月7日(日)17時、パリ16区オタイユプロテスタント教会 

(53, rue Erlanger 75016 Paris) 

河村絢音・ヴァイオリン(パリ音楽院修士課程2年生)

丸山凪乃・ピアノ(パリ音楽院学士課程3年生)

リザ・シュトラウス・チェロ(パリ音楽院修士課程1年生)バッハ、バルトーク、ラヴェル、ラフマニノフ、ショスタコーヴィッチの作品他。

《ジャポニズム2018》西の狸 落語会(2月21日)

Affiche - Rakugo

主催 Les Tanuki à l’ouest (西の狸)
日時  2019年2月21日(木)20h00 – 22h30
場所  L’Ancienne église
rue de la vieille église 78600 Maisons -Laffitte
RER A 線  Charles de Gaule Etoile駅 から西へ5つ目 Maisons-Laffitte駅下車徒歩10分
要予約 http://www.lestanukialouest.fr/event/rakugo-theatre-humoristique-japonais/
料金   19€
連絡先 0609147072  (西の狸 トネ京子)

古今東西~。
落語を聴きにいらっしゃいませんか。
海外に暮らしていて落語を聴きに行く機会の少ない我々にとってフランスに居ながらにして落語を楽しめる絶好のチャンス!
ジャポニズム2018のプログラムの一環としてメゾンーラフィット市(78)の日本文化愛好会、西の狸が主催。
落語家の林家染太さんとシリルコッピーニさんによるまさに満身の力を込め熱のこもった楽しくも面白い落語が楽しめます。
フランス人が落語をするって ちょっと興味が湧きませんか?どんな風なのでしょう。
日本人がフランスで落語をどうやってやるのでしょうか?
でもそれがほんと本格的な落語なんです。
お話しも身振り手振りもとても楽しいです。
16世紀に源を発する落ちで終わる話しをフランス人が我々に語ってくれる
まさに日仏修好160周年、
ジャポニズム2018の年に相応しい楽しい夕べ 是非お出掛けください!!

《ジャポニズム2018》シュル=ロワン市•美術館❮日本コレクション❯展 (2月2日〜3月3日)

フォンテーヌブローの森の南端にある《日本画家たちの聖地》と呼ばれている芸術家村グレーから展覧会のお知らせです。
日仏国交樹立160周年記念《ジャポニズム2018》の終尾を飾る2019年2月に開催
パンフレット

◎開会式 : 2019年 2月2日 11時 Salle Fernande Sadler
53, rue de Hulay 77880 Grez-sur-Loing

◎グレー=シュル=ロワン市•美術館の❮日本コレクション❯展
21世紀の寄贈作品を一堂に展示。
入場、案内、講演会:無料

開催期間:2019年 2月2日〜3月3日
 開館日:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日:10h〜12h, 14h〜17h

展覧会場:Au Prieuré de Grez-sur-Loing:86, rue Wilson 77880
(教会と市役所の間の小修道院)

パリからのアクセス
車:A6号線 出口 : Fontainebleau 県道RD607
電車:Lyon駅 R線 Nemours Saint-Pierre 下車(所要時間約1時間)
バスに乗り換え 
Bus Express 34番 « Les 4 routes » à Grez—sur-Loing 下車

☆(フランス語)展覧会の作品解説(Visites commentées)
コンフェランシエール:モアンヌ前田恵美子
Le Prieuré : 86, rue wilson 77880 Grez-sur-Loing

週末のみ:14時〜15時半
土曜日:2月9日
日曜日:2月3日、10日、17日、24日

日本語のコンフェランスはお客様からご希望がありましたら
フランス語のコンフェランスの後、15時半〜17時に行います。

(フランス語)講演会:《 明治維新で薩摩が演じた役割》2月16日: 16時
コンフェランシエール:モアンヌ前田恵美子
Salle Victor-Hugo : 11, rue Victor-Hugo 77880 Grez-sur-Loing

(フランス語)講演会:《フランス人の目に映った今の鹿児島》2月23日:16時
L’eclaireur du Gâtinais 新聞 ジャーナリスト:サンドリーヌ •マルタン
Salle Victor-Hugo : 11, rue Victor-Hugo 77880 Grez-sur-Loing

******
1888年、欧米の芸術家村だったグレー=シュル=ロワンを最初に訪れた日本人画家は「日本の近代洋画の父」と呼ばれる黒田清輝でした。1890年から1892年まで2年半暮らし、サロン初入選の《読書》を描いた黒田に続いて、浅井忠、和田英作、児島虎次郎、安井曾太郎、佐伯祐三 藤田嗣治など多くの画家が訪れ、グレー村は「日本画家たちの聖地」と呼ばれるようになりました。

第二次大戦後、忘れられたかに見えた日本とグレーの交流は、2000年に日本の5都市で《グレー村の画家たち》展が開催され、2001年10月7日にグレー=シュル=ロワン市にフランスで初めて日本人画家の名前のついた「黒田清輝通り」が誕生すると再び活発になり、特に黒田清輝の故郷、鹿児島からは毎年のように黒田清輝の足跡を訪ねて、海老原賞、吉井賞を受賞した鹿児島県海外派遣美術留学生が訪れるようになり、13名が滞在中に制作した作品をグレー=シュル=ロワン市•美術館に寄贈しています。

この他に、2001年から2018年までに赤木曠児郎の《黒田清輝通り》、緒方洪章の《グレーの古い石橋》、荒木芳栄の《魚》、中島通善の「版木画」など6名の鹿児島以外の芸術家の作品、そして海外研修旅行で黒田清輝の足跡を訪ねてグレー村を3回訪れた120名の鹿児島県立松陽高等学校美術科の生徒たち、芸術家の卵たちの作品もグレー市役所•美術館に寄贈されています。

展覧会は4つのテーマで構成され、黒田清輝によって生まれたグレー村との絆、鹿児島県美術留学生達のグレーへの寄り道、鹿児島以外の画家達のグレーへのまなざし、最後は松陽高等学校の生徒達よる絆の継承です。(黒田清輝の作品は日本の美術館でご覧ください)

問い合せ:モアンヌ前田恵美子(Emiko Moine-Maeda)
Mail : emimoine@gmail.com
電話:06 13 23 88 74

第1回 在仏日本人会新年会 開催! 1月30日 (水) 18h45 〜 20h30

第1回 在仏日本人会新年会 開催!!! 1月30日 (水) 18h45 〜 20h30

ご希望の声も多かった会員同士の交流会がとうとう実現します。

本年は新年を皆さまとともに盛大にお祝いしたく、来る1月30日(水)18h45より、パリ国際大学都市・日本館にて新年会を開催いたします。

法人、個人、合わせて約2000世帯の日本人会会員の方が対象の貴重な機会です。

仕事帰りに、またご家族で、ぜひご参加ください。

大変恐縮ですが、ご参加の皆さまには飲食物を一品ほどお持ちいただけますよう、ご協力をお願いいたします。

会場:パリ国際大学都市・日本館

   Maison du Japon

   7c Boulevard Jourdan 75014 Paris 

   RER B/T3a : Cité universitaire

※会員限定

※人数把握のため、参加なさる方は nihonjinkai@free.fr にご連絡ください。 

注:こちらから返信はいたしません。

日本人会講演会 赤木曠児郎氏『パリ滞在50年』(2月8日)

日本人会講演会 赤木曠児郎氏『パリ滞在50年』(2月8日)

『二年間の海外留学許可を得て、1963年家内と二人でパリに来ました。
それから55年の月日をこの町に過ごすことに成り、何とか画業で続けられる日々です。その家内も昨年亡くなりましたが、大勢の方々に助けられ、副業で働きながら、絵描きまでの日々の話になると思います。半世紀、パリも変わって行きます。』

日時:2月8日(金)18時より

会場:パリ国際大学都市日本館

   Maison du Japon

   7c Boulevard Jourdan 75014 Paris 

   RER B/T3a : Cité universitaire

講師:赤木曠児郎氏

入場無料 どなたでもご参加いただけます。

予約不要、同日会場にお越しください。

<赤木曠児郎氏プロフィール>

岡山県生まれ。

フランス芸術家サロンにて1971年水彩、1974年油彩で金賞受賞。他受賞多数 。

ファッション記者としても活躍。

1994年と1998年紺綬褒章、2002年海外功労者として外務大臣表彰(銀杯)、2005年旭日小綬章受賞。

サロン・ナショナル・デ・ボザール名誉副会長。

フランスと日本を中心に展覧会を開催。

作品は数々の著名な美術館で所蔵されている。

日本人会アーティストクラブ (NAC) 会員。

おしどりマコ&ケンの講演会『福島第一原発事故発生から8年 原子力と民主主義』

2019年2月1日(金曜日)16:30-19:30
福島第一原発事故発生から8年 原子力と民主主義

Inalco
65 rue des Grands Moulins 75013 Paris
RER C Bibliothèque Francois Mitterrand
Affiche_0101-4

日本でおしどりマコという芸名で知られる漫才師は、2011年のフクシマ原発事故以後ジャーナリストとしてフクシマの現状をずっと取材してきました。夫であり漫才コンビのパートナー、ケンさんが写真と記録を担当、講演でもマコさんをサポートしています。

マコさんはかつて大学で医学部に進学しましたが、1995年の阪神・淡路大震災後、「医学で人は救えない、お笑いこそが癒しだ」とアコーディオンを弾きながらの芸人活動を開始。フクシマ原発事故以後は、健康、自然、環境、社会への原発事故の影響、原発労働者が置かれている状況、フクシマとその周辺に住む人々の状況、東電の原発事故に対する反応をずっと取材し続け、東電の記者会見では詳しい知識を携えて鋭い質問をすることで恐れられています。

ふたりは2013年から毎年、主にドイツで、福島第一原発事故とその影響について市民や高校生に向けて講演を行っていますが、今回初めてフランスで講演することになりました。

秋田物産展(1月18日−31日)

2019年1月18日から31日の期間.
日本航空とヤマトホールディングスが開設しているアンテナショップ「Le gout du japon秋田県フェア」にて実施いたします。

場所:10 rue Saint-Augustin, 75002 Paris
営業時間: 11:00-19:00