2/09(土)デモ、交通規制に関するお知らせ(大使館情報)

本日のデモは、凱旋門出発、右岸を練り歩いて左岸に渡り、シャン・ドゥ・マルスがゴールのようですので、ご注意ください。

公共交通機関の規制情報

1)以下の地下鉄駅が午前10時から閉鎖される可能性がある(駅内での乗り換えは不可能)。

Tuileries駅:1号線

Concorde駅:1号線、8号線、12号線

Champs Elysées Clemenceau駅:1号線、13号線

Franklin Roosevelt駅:1号線、9号線

Miromesnil駅:9号線、13号線

Varenne駅:13号線

2)一部バス路線も運行停止か、運行制限される可能性がある。

警察当局の指示で、駅の封鎖が解除される。

情報源:https://www.ratp.fr/travaux-manifestations/manifestations

2月2日(土)ジレ・ジョンヌ デモに関して(大使館情報)

○ 11時頃から集会・行進
フェリックス・エブエ広場(12区)→バスティーユ広場→レピュブリック広場

・ 10時
ベルヴィル(Belleville)駅
ポルト・ド・ラ・シャペル(Porte de la Chapelle)駅

・ 11時
パリ市庁舎

・ 14時及び17時
レピュブリック広場

https://paris.demosphere.net/rv/67226
https://paris.demosphere.net/rv/67101

また,明日は,ジレ・ジョンヌ運動の影響で,午前10時から以下の駅が閉鎖される予定です。
駅の閉鎖は,当局の指示があるまで解除されず,シャンゼリゼ周辺のバスも迂回,制限される可能性があります。

Tuileries駅:1号線

Concorde駅:1号線、8号線、12号線

Champs-Elysées Clemenceau駅:1号線、13号線

Franklin D. Roosevelt駅:1号線、9号線

Miromesnil駅:9号線、13号線

Varenne駅:13号線

https://www.ratp.fr/travaux-manifestations/manifestations

《ジャポニズム2018》シュル=ロワン市•美術館❮日本コレクション❯展 (2月2日〜3月3日)

フォンテーヌブローの森の南端にある《日本画家たちの聖地》と呼ばれている芸術家村グレーから展覧会のお知らせです。
日仏国交樹立160周年記念《ジャポニズム2018》の終尾を飾る2019年2月に開催
パンフレット

◎開会式 : 2019年 2月2日 11時 Salle Fernande Sadler
53, rue de Hulay 77880 Grez-sur-Loing

◎グレー=シュル=ロワン市•美術館の❮日本コレクション❯展
21世紀の寄贈作品を一堂に展示。
入場、案内、講演会:無料

開催期間:2019年 2月2日〜3月3日
 開館日:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日:10h〜12h, 14h〜17h

展覧会場:Au Prieuré de Grez-sur-Loing:86, rue Wilson 77880
(教会と市役所の間の小修道院)

パリからのアクセス
車:A6号線 出口 : Fontainebleau 県道RD607
電車:Lyon駅 R線 Nemours Saint-Pierre 下車(所要時間約1時間)
バスに乗り換え 
Bus Express 34番 « Les 4 routes » à Grez—sur-Loing 下車

☆(フランス語)展覧会の作品解説(Visites commentées)
コンフェランシエール:モアンヌ前田恵美子
Le Prieuré : 86, rue wilson 77880 Grez-sur-Loing

週末のみ:14時〜15時半
土曜日:2月9日
日曜日:2月3日、10日、17日、24日

日本語のコンフェランスはお客様からご希望がありましたら
フランス語のコンフェランスの後、15時半〜17時に行います。

(フランス語)講演会:《 明治維新で薩摩が演じた役割》2月16日: 16時
コンフェランシエール:モアンヌ前田恵美子
Salle Victor-Hugo : 11, rue Victor-Hugo 77880 Grez-sur-Loing

(フランス語)講演会:《フランス人の目に映った今の鹿児島》2月23日:16時
L’eclaireur du Gâtinais 新聞 ジャーナリスト:サンドリーヌ •マルタン
Salle Victor-Hugo : 11, rue Victor-Hugo 77880 Grez-sur-Loing

******
1888年、欧米の芸術家村だったグレー=シュル=ロワンを最初に訪れた日本人画家は「日本の近代洋画の父」と呼ばれる黒田清輝でした。1890年から1892年まで2年半暮らし、サロン初入選の《読書》を描いた黒田に続いて、浅井忠、和田英作、児島虎次郎、安井曾太郎、佐伯祐三 藤田嗣治など多くの画家が訪れ、グレー村は「日本画家たちの聖地」と呼ばれるようになりました。

第二次大戦後、忘れられたかに見えた日本とグレーの交流は、2000年に日本の5都市で《グレー村の画家たち》展が開催され、2001年10月7日にグレー=シュル=ロワン市にフランスで初めて日本人画家の名前のついた「黒田清輝通り」が誕生すると再び活発になり、特に黒田清輝の故郷、鹿児島からは毎年のように黒田清輝の足跡を訪ねて、海老原賞、吉井賞を受賞した鹿児島県海外派遣美術留学生が訪れるようになり、13名が滞在中に制作した作品をグレー=シュル=ロワン市•美術館に寄贈しています。

この他に、2001年から2018年までに赤木曠児郎の《黒田清輝通り》、緒方洪章の《グレーの古い石橋》、荒木芳栄の《魚》、中島通善の「版木画」など6名の鹿児島以外の芸術家の作品、そして海外研修旅行で黒田清輝の足跡を訪ねてグレー村を3回訪れた120名の鹿児島県立松陽高等学校美術科の生徒たち、芸術家の卵たちの作品もグレー市役所•美術館に寄贈されています。

展覧会は4つのテーマで構成され、黒田清輝によって生まれたグレー村との絆、鹿児島県美術留学生達のグレーへの寄り道、鹿児島以外の画家達のグレーへのまなざし、最後は松陽高等学校の生徒達よる絆の継承です。(黒田清輝の作品は日本の美術館でご覧ください)

問い合せ:モアンヌ前田恵美子(Emiko Moine-Maeda)
Mail : emimoine@gmail.com
電話:06 13 23 88 74

第1回 在仏日本人会新年会 開催! 1月30日 (水) 18h45 〜 20h30

第1回 在仏日本人会新年会 開催!!! 1月30日 (水) 18h45 〜 20h30

ご希望の声も多かった会員同士の交流会がとうとう実現します。

本年は新年を皆さまとともに盛大にお祝いしたく、来る1月30日(水)18h45より、パリ国際大学都市・日本館にて新年会を開催いたします。

法人、個人、合わせて約2000世帯の日本人会会員の方が対象の貴重な機会です。

仕事帰りに、またご家族で、ぜひご参加ください。

大変恐縮ですが、ご参加の皆さまには飲食物を一品ほどお持ちいただけますよう、ご協力をお願いいたします。

会場:パリ国際大学都市・日本館

   Maison du Japon

   7c Boulevard Jourdan 75014 Paris 

   RER B/T3a : Cité universitaire

※会員限定

※人数把握のため、参加なさる方は nihonjinkai@free.fr にご連絡ください。 

注:こちらから返信はいたしません。

日本人会講演会 赤木曠児郎氏『パリ滞在50年』(2月8日)

日本人会講演会 赤木曠児郎氏『パリ滞在50年』(2月8日)

『二年間の海外留学許可を得て、1963年家内と二人でパリに来ました。
それから55年の月日をこの町に過ごすことに成り、何とか画業で続けられる日々です。その家内も昨年亡くなりましたが、大勢の方々に助けられ、副業で働きながら、絵描きまでの日々の話になると思います。半世紀、パリも変わって行きます。』

日時:2月8日(金)18時より

会場:パリ国際大学都市日本館

   Maison du Japon

   7c Boulevard Jourdan 75014 Paris 

   RER B/T3a : Cité universitaire

講師:赤木曠児郎氏

入場無料 どなたでもご参加いただけます。

予約不要、同日会場にお越しください。

<赤木曠児郎氏プロフィール>

岡山県生まれ。

フランス芸術家サロンにて1971年水彩、1974年油彩で金賞受賞。他受賞多数 。

ファッション記者としても活躍。

1994年と1998年紺綬褒章、2002年海外功労者として外務大臣表彰(銀杯)、2005年旭日小綬章受賞。

サロン・ナショナル・デ・ボザール名誉副会長。

フランスと日本を中心に展覧会を開催。

作品は数々の著名な美術館で所蔵されている。

日本人会アーティストクラブ (NAC) 会員。

19日(土)および20日(日)ジレジョーンヌ・デモに関して(大使館情報)

1月19日(土)

第1のデモ Champs-Elysées通り上方 凱旋門側から Invalides

時間集合: 10h, Champs-Elysées凱旋門側( Marceau通り).
出発: 11h.
経路: Marceau通り側 – avenue Marceau – place de l’Alma – avenue Bosquet – avenue de la Motte Piquet – Esplanade des Invalides.

第2のデモ Invalides から

集合: 11h
出発: 12h
経路 Invalides – bd de la Tour Maubourg -avenue de Tourville- Bd des Invalides – Bd du Montparnasse – rue de Rennes – rue du Four – Bd Saint-Germain – Bd de Port-Royal – avenue des Gobelins – Place d’Italie – avenue d’Italie – rue de Tolbiac – rue d’Alésia – avenue du Maine – rue du Départ – Bd du Montparnasse – Bd des Invalides.
解散予定時間: 17h.

進入禁止地域 : Champs-Elysées通り下方、 place de la Concorde.

1月20日(日)

第1のデモ “femmes gilets jaunes”

集合時間・場所: 11h, place Jacques Rueff (Champ de Mars) 出発 : 12h30
経路: avenue Joseph Bouvard – avenue de Suffren – place Queuille – rue de Sèvres – Bd du Montparnasse – Bd de Port-Royal – Bd Saint-Marcel – Bd de l’Hôpital – Place Valhubert – Pont d’Austerlitz – quai de la Râpée – Bd de la Bastille – place de la Bastille.

第2のデモ 中絶反対

出発: 14h30
経路: avenue Foch – avenue R. Poincaré – place Victor Hugo – avenue Victor Hugo – rue de la Pompe – avenue Georges Mandel – place du Trocadéro.
解散予定時間: 18h.

なお,メトロ,バスについても広範囲に規制される見込みです。

日程:1月19日土曜日
概要1:以下の地下鉄駅及びRER線駅が始発から閉鎖される。駅内での乗り換えはできない。

地下鉄1号線:Tuileries駅、Concorde駅、Champs-Elysées Clémenceau駅、Franklin D・Roosevelt駅
地下鉄8号線:Concorde駅、Invalides駅
地下鉄9号線:Franklin D・Roosevelt駅、Miromesnil駅
地下鉄12号線:Concorde駅、Assemblée Nationale駅
地下鉄13号線:Champs-Elysées Clémenceau駅、Miromesnil駅、Varenne駅、Invalides駅
RER C線:Invalides駅

概要2:
以下のバス路線の運行が停止されるか、制限される可能性がある。
路線番号:20、21、22、24、26、27、28、29、30、31、32、35、38、39、42、43、46、47、48、52、53、54、56、58、61、63、65、66、67、68、69、70、72、73、74、75、76、80、81、82、83、84、85、86、87、91、92、93、94、95、96、PC、244、283、341、350、352、528

https://www.ratp.fr/travaux-manifestations/manifestations

おしどりマコ&ケンの講演会『福島第一原発事故発生から8年 原子力と民主主義』

2019年2月1日(金曜日)16:30-19:30
福島第一原発事故発生から8年 原子力と民主主義

Inalco
65 rue des Grands Moulins 75013 Paris
RER C Bibliothèque Francois Mitterrand
Affiche_0101-4

日本でおしどりマコという芸名で知られる漫才師は、2011年のフクシマ原発事故以後ジャーナリストとしてフクシマの現状をずっと取材してきました。夫であり漫才コンビのパートナー、ケンさんが写真と記録を担当、講演でもマコさんをサポートしています。

マコさんはかつて大学で医学部に進学しましたが、1995年の阪神・淡路大震災後、「医学で人は救えない、お笑いこそが癒しだ」とアコーディオンを弾きながらの芸人活動を開始。フクシマ原発事故以後は、健康、自然、環境、社会への原発事故の影響、原発労働者が置かれている状況、フクシマとその周辺に住む人々の状況、東電の原発事故に対する反応をずっと取材し続け、東電の記者会見では詳しい知識を携えて鋭い質問をすることで恐れられています。

ふたりは2013年から毎年、主にドイツで、福島第一原発事故とその影響について市民や高校生に向けて講演を行っていますが、今回初めてフランスで講演することになりました。

KINOTAYO現代日本映画祭  2019年1月17日 (木) ~26日 (土)

13回目を迎えるKINOTAYO現代日本映画祭。「ジャポニスム2018」では、例年にも増して魅力的なプログラムを紹介します。

フランス最大の日本映画祭として、2006年の創設以来、多くの人が毎年楽しみに待ち望んでいるKINOTAYO現代日本映画祭。フランスでの公開前の最新作を含め、幅広いジャンルの日本の現代映画を数多くフランスに紹介してきました。第13回映画祭は、「ジャポニスム2018」の一環として、例年にも増して魅力的なプログラムをご用意します。

・期間:
(1)2018年11月 ~ 12月
(2)2019年1月17日(木)~ 26日(土)

・会場:
(1)ル・ヴォバンⅡ(サン・マロ)、ル・メリエス(ポー)、スター(ストラスブール)、リュミエール・ベル クール(リヨン)、ラストレ(シャンベリ)、ル・カネ・トワール、シネトワール・ロシュヴィル(ル・カネ)、ロランピア(カンヌ)、マルリマージュ(マルリ)
(2)パリ日本文化会館、クラブ・ドゥ・レトワール・シネマ(パリ)

・主催:
国際交流基金、KINOTAYO映画祭実行委員会

 

パリ日本文化会館のサイト↓

https://www.mcjp.fr/fr/agenda/kinotayo_2

 

kinotayo公式サイトはこちら↓

https://kinotayo.fr/jp

 

「黄色いベスト運動」に関する注意喚起」(日本大使館領事部)

●昨年よりフランス国内各地で行われている「黄色いベスト運動(mouvement ‘Gilets jaunes’)」と呼ばれるデモに引き続き注意してください。

●昨年12月4日付にてスポット情報「フランス:燃料価格高騰等に対するデモ「黄色いベスト運動」に関する注意喚起」を発出していますので、ご参照ください。(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C169.html )

1.昨年11月17日(土)からフランス全土で行われているデモ「黄色いベスト運動(mouvement ‘Gilets jaunes’)」については,今年も続いており,1月5日(土)に行われた8回目の抗議活動では,一部の参加者が政府庁舎に侵入して政府高官が避難する事態になりました。SNS上では,引き続き1月12日(土)に9回目のデモを継続するよう呼びかけています。

2.デモは毎週土曜日に行われていますが,一部の参加者は商店等の窓ガラスや駐車中の車両を破壊するなどの行為をしています。また,フランス内務省の発表によれば,昨年11月に抗議デモが始まって以降,国内にある速度違反取締用の固定カメラ3200台のうち1920台がデモ参加者によって破壊されたとのことです。

3.つきましては,1月12日(土)は引き続き,デモに巻き込まれないよう細心の注意を払う必要がありますので,不要不急の外出は控えるとともに,やむを得ず外出する際には周りの状況に十分注意して行動し,衝突等が発生している場所に遭遇した際には早急にその場を離れるなど,自身の安全対策に万全を期すよう願いいたします。

4.現時点で,1月12日におけるパリ交通公団(RATP)の交通規制情報が以下のとおり発出されています。

○バス路線はパリ中心部で制限または迂回される。

○警察当局の指示により以下の地下鉄の駅が閉鎖される可能性がある。

・Tuilerie駅:1号線)

・Concorde駅:1号線,8号線,12号線

・Champs Elysees Clemenceau駅:1号線,13号線

・Franklin D Roosevelt駅:1号線,9号線

・George V駅:1号線

・Charles de Gaulle Etoile:RERのA線,1号線,2号線,6号線

・Argentine駅:1号線

・Miromesnil駅:9号線,13号線

・Varenne駅:13号線

今後変更される可能性もありますので,下記関連サイト等を参考にしつつ,十分時間に余裕を持って行動してください。

パリ交通公団(RATP):https://www.ratp.fr/ (英語、日本語あり)

同サイト内交通規則情報:https://www.ratp.fr/travaux-manifestations/manifestations

BFMTV:https://www.bfmtv.com/ (動画ライブあり)

このメールは、在留届けにて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】

在フランス日本国大使館領事部

電話:01-4888-6200(海外からは +33-1-4888-6200)

メール:consul@ps.mofa.go.jp

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

平成の名経営者 吉越浩一郎氏講演会『本当は仕事より大事なこと』(2月2日)

日 時 : 2019年2月2日(土)15時から ※受付開始14時45分
場 所 : ESPACE BELLECHASSE (18 Rue de Bellechasse, 75007 Paris)
講 師 : 吉越浩一郎(よしこしこういちろう)氏

お申し込みは、ネットで。 https://katonobuyuki.com/seminar/

<吉越浩一郎氏プロフィール>

1947年千葉県生まれ。ドイツ・ハイデルベルク大学留学後、72年に上智大学外国学部ドイツ語学科卒業。
メリタジャパンなどを経て、83年トリンプ・イ ンターナショナル(香港)に入社。
92年、トリンプ・インターナショナル・ジャパン代表取締役社長就任。
スピードと効率重視のユニークな制度を次々と取り入れ、19年連続の増収増益を達成。
2004年「平成の名経営者」のひとりに選ばれる。06年社長を退任。08年ベストドレッサー賞(政治・経済部門)受賞。

現在は夫人の故郷である南フランスと東京を拠点として講演・執筆などを行っている。
著書に「『残業ゼロ』のしごと力」「吉越式会議」「デッドライン仕事術」「会社を踏み台にする生き方」「君はまだ残業しているのか」ほか多数。
趣味は飲み会。好物はラーメンと餃子。